長野県上田市 菅平高原スノーリゾート シュナイダーゲレンデ のHPへようこそ

シュナイダーって?


シュナイダー記念塔 「ハンネス・シュナイダー」という有名なスキー指導者のことです。

ハンネス・シュナイダーは世界初の体系的なスキー指導法を考案・普及させ、「近代アルペンスキーの父」として世界的に知られるオーストリアのスキー指導者でした。

シュナイダーゲレンデは、1930年3月、このシュナイダー氏が来日し、菅平で初の雪上スキー指導を行ったことを記念して命名されました。
この時、シュナイダー氏が菅平高原を「スイスのダボス地方に似ている」と評したことから、根子岳山麓エリアは日本ダボスと呼ばれるようになりました。

レルヒ少佐が1910年に日本にスキーを伝えたことはよく知られていますが、この第1ステップではスキーは雪上の移動手段でした。その20年後、現在のスポーツに近い「オーストリアスキー」を伝えたシュナイダー氏の来日は、日本のスキー技術の進化にとって非常に大きな影響を与えたのです。

シュナイダーゲレンデの頂上には、これを記念するシュナイダー記念塔が建てられており、今もスキー指導の神はゲレンデを見下ろして微笑んでいます。
ぜひ、ハンネスおじさんに会いに来てください。



ハンネス・シュナイダー物語 Hannes Schneider(24 June, 1890 - 26 April, 1955)


世界初の体系的指導法を考案

シュナイダーは少年期からスキーの才能を現し、1907年12月(17歳)に生地チロル州アールベルク峠にあるサンクト・アントン(St.Anton am Arlberg)のホテル専属のスキーインストラクターとなりました。
そのインストラクター時代に、後にアールベルクテクニックと呼ばれるようになるスキー技術の開発と指導法の研究を行いました。
彼の考案した指導法は、初心者をボーゲンからシュテムターンを介してパラレルターンへと導く、世界初の体系的なスキー指導法でした。
このアールベルクテクニックは今でも現代スキー技術の基礎を築いたと考えられています。
シュナイダーはスキー指導の実績を認められ、第一次世界大戦中(1914-1918)はオーストリア軍のスキー講師を勤め、初心者の山岳兵を短期間で上級者へと教育したと言われています。

スキー学校と映画による技術の普及

戦後再びサンクト・アントンに戻ったシュナイダーは、軍隊での経験を生かして技術と指導法に改良を重ねていました。
そして1920年、ドイツのドキュメンタリー映画の巨匠であるアルノルト・ファンク博士(Arnold Fanck)と共に、アールベルクテクニックを集大成した映画 「スキーの驚異」(Wunder des Schneeschuhs 1920年12月公開)を製作しました。
タイトル通り、当時としては驚異的なテクニック満載の映画によって彼のスキー技術は世界に広まったのです。
第1作より11年後、このシリーズ第3作として制作された「白銀の乱舞」のクリップを右の動画でご覧ください。

同じ時期(1920-21年シーズン)にシュナイダーはオーストリア初のスキー学校であるアールベルク・スキースクールを設立し、教え子たちからは多くの有名スキー選手や有能なインストラクターが次々と育ちました。
また、後にファンク博士と共著で出版した映画と同名の教本は、アールベルク・テクニックのバイブルとなりました。

来日   雪上の移動手段からスポーツへ

1930年3月、日本の玉川学園から招かれ、旧ソ連経由の鉄路+海路という長旅で初来日を果たしたシュナイダーは、約1か月の滞在中、日本各地で精力的に雪上指導と講演会を行いました。その国内初の雪上セミナーの地が菅平だったのです。
日本に初めて伝えられたスキーは、1910年に同じオーストリアから交換将校として来日したレルヒ少佐が伝えた、長い1本の杖を支えに内足荷重で曲がる滑走法でした。
シュナイダーが近代技術に近いアールベルクテクニックを広めたことで、スキーは雪上の移動手段から、急斜面でも安定して滑る事のできるスポーツへと、世界レベルで飛躍的な進歩を遂げました。
これが、彼がアルペンスキーの父と呼ばれる由縁です。
シュテムターンなどの彼のテクニックは今でも世界中に受け継がれています。

祖国オーストリアからアメリカへ

1936年、シュナイダーはスキー人気が高まりつつあるアメリカでデモンストレーションを行い高い評価を受けました。しかしその帰国から1年半後の1938年にはナチス・ドイツがオーストリアを併合し、ナチへの協力を拒んだシュナイダーは政治的な理由で投獄されてしまいます。
それを知った各国の教え子たちがナチ高官に働きかけたことで、1か月ほどで釈放されたものの、シュナイダーはインストラクターの資格をはく奪され、スキー学校校長の座も失ってしまいました。
そのシュナイダーの窮地に立ち上がったアメリカ人たちがいました。支援者の1人、スキー場開発をしていたハーベイ・ギブソンは、既にアールベルクテクニックを教えていた地元スキースクールを買い取り、シュナイダーがインストラクターとして働けるよう受け入れ態勢を整えた後、ドイツの財界人にシュナイダーが出国できるよう説得をしました。
こうして1939年、シュナイダーは妻子と共にアメリカに亡命しました。
ニューハンプシャー州、ノース・コンウェイに拠点を移したシュナイダーはスキースクールを引き継ぎ、ゲレンデの開発とスキー指導に尽力しました。
第二次世界大戦中には祖国にいた時と同様、アメリカ陸軍山岳兵のスキー指導も行ったそうです。
65歳で心臓発作のために突然この世を去った時は、新しいゲレンデの開発とリフト建設計画の最中でしたが、彼の死後は息子ハーバートが事業を引き継ぎました。

不屈の指導者

あまり知られていませんが、実はシュナイダーの右脚は1925年の骨折事故によって2センチ短くなり、特製のブーツを使用していたそうです。1930年に初来日した時にもです。
そんな後遺症を周囲に感じさせることなく、祖国を離れてもスキー技術の普及と向上に情熱を燃やし続けたシュナイダーは、今もスキー史に語り継がれる指導者です。

亡命後、初めてクランモア(ノースコンウェイの山)を滑り降りた時、シュナイダーは立ち止まり、息子にこう言ったそうです。
「なぁ、ハーバート、ここはサンクトアントンでもアールベルクでもない。だがすぐここを好きになるさ。」

参考: ウィキペディア他


ページのトップへ戻る